Riot Gamesが提供する『League of Legend』は5対5でのチーム戦による「MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)」であり、2013年現在、世界最高の人気を誇る対戦オンラインゲームです。そのユーザー登録数は2012年時点で7000万以上にも膨れ上 がったと報告されています。

その膨大なユーザー数を誇る『League of Legend』の世界では日常的に有害なプレイヤーによる攻撃的な発言、ネガティブな行動による問題が報告されています。

RiotGamesではスペシャリストチームを立て、プレイヤーの問題行動の削減に当たっており、このセッションではスペシャリストチームの一員であるJeffrey Lin氏が取り組みについて紹介しました。

続きはコチラ




Riotが色々取り組んでくれているようですが、一番大事なのは実際にプレイしている人間がそういうことをしないということに限ります。
自分だけでなく身近にそういう人がいるという人も見てみぬふりをせずに注意して、できるだけ多くのプレイヤーが楽しんでプレイできる環境を作っていきましょう!