MOBA速報

League of Legendsを中心(99.9%)としたMOBA系ゲームの情報サイト、海外のフォーラムで話題の事柄やLoLの動画・パッチ情報などを主に紹介しています。

ホーム>2013年10月

スポンサード リンク

2013年10月


一流のLee Sinを目指すにはもはや必須とも言えるWを使ったWard Jump
しかし日本のPingではWardを置いてからのWがテンポよくいかずにこんな感じになってしまう人も多いと思います

参考動画


そこで簡単にWard Jumpができるキー設定が海外のフォーラムで話題になっています。

LoLのインストールフォルダ\Config\Input.ini を開いて、以下の設定に書き換える
※上手く設定できるかどうか確かめる為に、まずはカスタムゲームで試しましょう
[GameEvents]に以下の二行を追加
evtSmartCastItem6=[t]
evtCastSpell2=[w],[t]

[Quickbinds]のevtCastSpell2smartを見る
evtCastSpell2smart=1 ←0になっている場合は1にする
どういう設定に書き換えているのか簡単に説明するとTキーに6番目のアイテムスロットと二つ目のスキルのスマートキャストを設定しています。 これによってWard Jumpしたい先を選択してTキーを連続で押すだけでWard設置(同時にWも押されているが使用できるオブジェクトがないので発動しない)→W発動(6も押されているがWardには短いCDが設定されているので連続して置かれることはない)という一連の処理を無駄なく簡単に行えます。

How To Easily Ward Hop


追記
管理人はこの設定でやってます
これで左クリックにアタックムーブ(Shift+クリックで通常クリック)、WにSmart&SelfCast、TにWのSmartCastとアイテム6番のSmartCastです。
[GameEvents]
evtSmartCastSpell2=[t]
evtSmartPlusSelfCastSpell2=[w]
evtCastAvatarSpell1=[d]
evtCastAvatarSpell2=[f]
evtNormalCastItem1=[1]
evtNormalCastItem2=[2]
evtNormalCastItem3=[3]
evtNormalCastItem4=[4]
evtNormalCastItem5=[5]
evtNormalCastItem6=[6]
evtUseItem1=[1]
evtUseItem2=[2]
evtUseItem3=[3]
evtUseItem4=[4]
evtUseItem5=[5]
evtUseItem6=[6]
evtSmartCastItem6=[t]
evtCastSpell2=[t]

[GameEvents] 
evtPlayerAttackMove=[<Unbound>] 
evtPlayerAttackMoveClick=[Button 1] 
evtPlayerSelectClick = [Shift][Button 1] 

[HUDEvents]  
evtOnUIMouse1 = [Button 1], [Shift][Button 1]  
evtOnUIMouse2 = [Button 2]  
evntHudMoveableSelect = [Shift][Button 1]

[Quickbinds]
evtUseItem6smart=1
evtUseItem1smart=1
evtUseItem3smart=1
evtUseItem2smart=1
evtUseItem5smart=1
evtUseItem4smart=1
evtCastAvatarSpell1smart=1
evtCastAvatarSpell2smart=1
evtCastSpell1smart=1
evtCastSpell2smart=1
evtCastSpell3smart=1
evtCastSpell4smart=1

このページのトップヘ